日産自動車、電動化戦略の取り組みを加速

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を通じて、自信とワクワクにあふれ、より人や社会とつながる体験を提供し、移動と社会の可能性を広げていくことを目指しています。今回、日産は同ビジョンの下で推進している事業進捗にあわせ、電動化戦略をさらに加速させる取り組みを発表しました。これらの取り組みを通じ、各市場のニーズにあわせEVとe-POWERの普及をさらに促進し、グローバルに開発や生産の競争力を向上させ、「Nissan Ambition 2030」の実現に向けた電動化をより一層推進していきます。主な取り組みの内容は、以下の通りです。

電動車両のモデル数: 19車種のEVを含む27車種(←15車種のEVを含む23車種*)

この結果、2030年度時点のニッサン、インフィニティの両ブランドをあわせた電動車のモデルミックスは、グローバルで従来見通しの50%から55%以上へと上昇する見込みです。

2030年度までの電動車両の投入を強化

日産はワクワクする多様なクルマを求めるお客さまのニーズの高まりや事業環境の変化に対応し、電動化をより一層推進していくため、「Nissan Ambition 2030」で公表した2030年までに投入する電動車両のモデル数を増加しました。

2026年度の電動車の販売比率

主要市場における2026年度の電動車の販売比率は、各市場の電動車両の普及の進捗にあわせた最新の見通しでは、以下の水準となる見込みです。

欧州: 98%(←75%*)
日本: 58%(←55%*)
中国: 35%(←40%*)
米国: 2030年度までにEVのみで40%以上(変更なし*)


この結果、2026年時点のグローバルな電動車の販売比率は、従来見通しの40%から44%以上へと増加します。また、急速な変化への対応が求められる中国市場向けには、専用のEVを2024年に投入する予定です。欧州では、確固たる電動化計画を継続して実行するとともに、アライアンスとのより強固な協力関係を推進していきます。

顧客価値の創出を向上させるエンゲージメントの強化

日産は、パーソナライズされたサービスを通じて、顧客体験をさらに向上させ、長期的なエンゲージメントを実現することを目指しています。日産はコネクテッドカーサービス戦略を強化し、車載コンテンツの充実からオンデマンド機能の実現まで、多様化する顧客ニーズに幅広く対応していきます。日産は、これらをソフトウェア定義車両(Software Defined Vehicles)を通じて実現することを目指しており、e-アーキテクチャーを搭載した「アリア」をはじめ、今後数年間でさらに多くの車種に搭載する予定です。

Nissan Motor Corporation (日産自動車)



※記事の無断転用を禁じます。