プレステージ・インターナショナルと日産自動車、電気自動車を活用した脱炭素社会実現に向けた連携
「ブルー・スイッチ」212件目、電気自動車を活用した連携協定を締結

株式会社プレステージ・インターナショナル(本社:東京都千代田区、社長:玉上 進一)と、日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)の2者は、16日、「電気自動車を活用した脱炭素社会実現に向けた連携協定」を締結しました。

本協定は、両社が協力し、電気自動車(EV)の普及促進及び活用による脱炭素化や地域活性化の推進を目的とした協定で、ゼロ・エミッション社会の実現を目指す日産の「ブルー・スイッチ」活動としては212件目の取り組みとなります。

【協定の経緯・背景】

プレステージ・インターナショナルは、事業活動を通じて脱炭素社会と資源循環型社会の実現に向けた取り組みを推進し、地球環境及び地域社会への負荷軽減に努め、環境・社会と調和した活動を行っています。2050年度までにグループ全体の温室効果ガス排出量の実質排出ゼロを目指し、事業活動のライフサイクルにおいて、エネルギー利用の効率化や再生可能エネルギーの利用促進に努めていきます。

一方、日産自動車は、EVならではの新たな価値やワクワクを提供し続けるとともに、2018年5月より、EVの普及を通じて、脱炭素、災害対策、エネルギーマネジメント、観光、地方での交通課題などの地域課題解決を目指す、日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を、全国の自治体や企業、販売会社と共に推進しています。また、2030年代早期には、主要市場で投入する新型車すべてを電動車両にすることを宣言、電動化をリードしながら、SDGsの達成やカーボンニュートラルの実現に向けた取り組みを加速しています。

この日産自動車が推進する「ブルー・スイッチ」、そして、プレステージ・インターナショナルが取り組む脱炭素社会と資源循環型社会の実現やSDGsの推進において両社が賛同し、本協定の締結を行う運びとなりました

【協定の概要と主な連携内容】

「電気自動車を活用した脱炭素社会実現に向けた連携協定」の概要は、以下の通りです。

プレステージ・インターナショナル

  • 社用車及びサービスカーの電気自動車への順次入れ替えによる脱炭素化推進
  • 従業員に対する電気自動車導入推進と国内事業所におけるワークプレイスチャージング*の導入
  • 国内事業所における地域の脱炭素化および活性化を目的としたイベントの実施
  • 日産自動車

  • プレステージ・インターナショナルの国内事業所において実施するEVを活用したイベント等への協力による、地域の脱炭素化および活性化へ貢献
  • 環境教育等の提供による、環境啓発活動への協力
  • EVの普及促進に関する情報及び災害時のEVからの給電に関する情報の提供
  • 上記に加え、プレステージ・インターナショナルは、今後のEV普及に備え、EVが電欠した際の駆けつけ充電サービス**も開始しており、EV使用における利便性向上にも努めています。

    プレステージ・インターナショナルと日産自動車は、本協定締結を機に、持続可能なまちづくりを推進し、美しい自然環境を未来に残すため、EVの普及を通じた脱炭素社会実現、SDGs達成に向けて、更に連携を強化してまいります。

    Nissan Motor Corporation [日産自動車]



    ※記事の無断転用を禁じます。