軽オープンスポーツカー「コペン」初代発売から20年

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)の軽オープンスポーツカー「COPEN(コペン)」は、2022年6月で2002年の初代「コペン」発売から20年を迎えました。ご愛顧いただいたお客様と、これまで20年間に渡り、「コペン」を支えてくださった多くの皆さまへの感謝を申し上げるとともに、これからもダイハツは軽自動車の可能性と走る楽しさをお届けすべく、フラッグシップカーとしてコペンを作り続けます。

初代「コペン」は、誰もが気軽に楽しめる本格的オープン・スポーツカーとして開発され、ユニークな外観デザインや電動開閉式ルーフ(アクティブトップ)等の高い商品性と「持つ悦び、操る楽しさ」という新しい価値観にご好評をいただき、今もなお幅広いお客様に愛されています。2014年に発売した2代目では、コペンの象徴ともいえる電動式開閉ルーフは継承しつつ、新骨格構造「D-Frame」、内外装着脱構造「DRESS—FORMATION」の採用により「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を実現しました。「Robe(ローブ)」、「XPLAY(エクスプレイ)」に加え、2015年に「Cero(セロ)」、2019年には第4のモデルとして「GR SPORT(ジーアール スポーツ)」を発売してきました。

この度、20周年を記念して2代目として初となるTVCMの放映を開始するとともに、スペシャルサイトにて、これまでのコペンの歩みと特別仕様車の情報を公開します。この20周年記念特別仕様車は、1,000台限定生産で、2022年6月20日(月)より全国一斉に先行受注を開始します。丸目のヘッドランプが初代を想起させる「セロ」をベースに、1台1台職人が手作りでつくりあげるコペンの上質さを際立たせる特別装備として、2代目に初めて本革製のスポーツシートを採用しました。自然の中で美しく映える、アイボリーの内装色とシートのコーディネートに加え、20周年の記念エンブレムとシリアルナンバー入りのスカッフプレートで特別感を演出しています。

※記事の無断転用を禁じます。