三菱自動車、「ミラージュ」の機能装備を充実させて発売

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、コンパクトカー「ミラージュ」の機能装備を充実させるなど一部改良し6月9日(木)から全国の系列販売会社で販売を開始します。メーカー希望小売価格は1,457,500円~1,628,000円(消費税10%込)。

主な改良内容
  • フロントガラスを、従来の99%UV(紫外線)カットガラスから、99%UVカット及びIR(赤外線)カットガラスに変更し、日差しによる暑さやジリジリ感を軽減し、夏場の快適性を向上させました。
  • 従来はメーカーオプション設定であった寒冷地仕様を標準装備とし、冬場の快適性を向上させました。

ご参考:「ミラージュ」は1.2Lエンジンを搭載した5ドア5人乗りのコンパクトハッチバックで、タイ、欧州、米国をはじめ、世界の70ヵ国以上で販売」しています。累計関世界販売台数は約82万台(2022年5月末時点)となる三菱自動車の世界戦略車です。

※記事の無断転用を禁じます。