「日産アリア」ドイツのレッド・ドット・デザイン賞を受賞

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、「日産アリア」がドイツの「レッド・ドット・デザイン賞」をプロダクトデザインカテゴリーにおいて受賞したと発表しました。日産が同賞を受賞するのは今回で7度目となります。

1955年に創設されたレッド・ドット・デザイン賞は、ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター(Design Zentrum Nordrhein Westfalen)が主催する、世界最大のデザイン賞の一つです。本年は、50名の様々な工業製品の製造者およびデザイナーが審査員を務め、美しさ、機能性、品質、人間工学、耐久性、革新性など9つのデザイン要素を基準に選考が進められました。プロダクトデザインカテゴリーには約60ヵ国・7900点の応募がありました。

「日産アリア」は、日産が培ってきた電気自動車のノウハウと最新のコネクテッド技術を融合させたスタイリッシュで革新的なクロスオーバーEVです。力強い加速、滑らかな走り、EVの特性を活かした静粛性を兼ね備えています。また室内は、ラウンジのような心地よい高級感溢れるデザインで統一し、ドライバーや同乗者を温かく迎えます。

今回の選考において、「日産アリア」は電気自動車としての優れた革新性が認められ、「タイムレス・ジャパニーズ・フューチャリズム」という日産独自のコンセプトを採用した高品質なデザインが評価されました。

※記事の無断転用を禁じます。