トッパンとトヨタがIoT「車両通過検知システム」を共同開発

デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社はRFID技術と光センサー技術を活用し、車両情報の収集と車両の台数管理を自動化することができる「車両通過検知システム」をトヨタ自動車株式会社と共同で開発したことを発表しました。同システムはトヨタ自動車の港拠点へ導入されます。

製造、物流業界では人手不足を背景にDX化が進んでおり、RFID技術を活用したIoTソリューションは資産管理や工程管理の有効な手段として活用されています。車両物流現場においても、入出荷などの管理のため、車両へのRFIDタグの搭載やRFIDリーダーの導入が進められています。しかし、一つの入出庫口で搬入と搬出の両方を行う現場は多く、RFIDタグの自動読み取りだけでは正確に搬入・搬出台数を把握することが難しいため、人手で1台1台RFIDタグを読み取り、搬入と搬出を区別するといった作業負荷が発生していました。

車両通過検知システムはRFIDリーダーと光センサーを組み合わせており、通過する車両に搭載されたRFIDタグの読み取りと、通過方向の識別を自動で行うことが可能です。同システムを車両の入出庫口などに導入することで、従来、車両物流の現場において、1台1台手作業で行われていたRFIDタグやバーコードの読み取りによる車両の情報収集と台数集計を自動化することができます。

また、トッパン・フォームズは車両通過検知システムにおいて、RFIDリーダーと光センサーで取得した車両情報を解析処理する独自のアルゴリズムを構築。これにより車両の形状や色、設置環境の明るさなどに影響されることなく、さまざまな車種が通過する現場でも導入が可能です。今後、同システムはRFIDタグを搭載した完成車の管理を行うソリューションとして、トヨタ自動車株式会社の全国の物流拠点にも順次導入される予定です。

車両通過検知システムの特長

1.RFIDタグの読み取りと車両の通過方向を自動で識別
RFID技術と光センサー技術を組み合わせることで、車両に搭載されたRFIDタグの読み取りと車両の通過方向の識別が自動で可能です。一つの入出庫口で搬入、搬出両方を行う現場でも導入することができます。

2.車両の形状や色、設置環境の明るさ変化などに影響されずに検知
全天候対応のセンサーを採用しているため、時間帯や天候によって明るさに差が生じる屋外でも利用可能です。また、独自のアルゴリズムにより、車両の形状や色に影響を受けることなく、車両検知ができます。(時速0~40kmまで対応可能)

3.ライトやブザーとの連携により車両の検知状況を現場に通知
各種出力機能を備えており、ライトやブザーと簡単に連携可能です。RFIDタグの読み取り状況を現場に通知することで、万が一のトラブルにもすぐに対応することができます。

トッパンフォームズはRFID技術とセンシング技術を組み合わせたソリューションを開発し、製造、物流、医療現場を中心に自動化ソリューションを展開することで、さまざまな企業のDX化に貢献します。また、今後もRFIDリーダーのためのアプリケーション開発やRFIDタグの設計、開発、販売を進め、周辺機器も含め2024年までに3億円の売り上げを目指します。

※記事の無断転用を禁じます。