「セレナ」の特別仕様車「XV エアロ」を発売

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、24日、「セレナ」に特別仕様車の「XV エアロ」を設定し、同日より発売すると発表しました。あわせて、「セレナ」専用の日産ディーラーオプション品である「電子シェード」も発売します。

「セレナ」は、広く快適な室内空間、多彩なシートアレンジ、スライドドアやバックドアの開閉のし易さといったミニバンとしての高い基本性能と、電動パワートレイン「e-POWER」ならではの心地よい加速性能などが、多くのお客さまから好評を得ています。そして、運転支援技術「プロパイロット」をはじめとする様々な先進安全技術が、ファミリー層を中心に高く支持されています。

今回発売する特別仕様車「XV エアロ」は、「セレナ」のXVグレードをベースに、外装の一部を刷新しました。ワイド感と低重心を強調しながら、洗練された存在感を放つモデルです。外装は、「XVエアロ」専用のフロントバンパー(ハロゲンフォグランプ標準装備)や、サイドシルプロテクター、リアエアロバンパー、LEDリアコンビネーションランプを標準装備すると共に、スマートシンプルハイブリッド車 2WDには16インチアルミホイール、スマートシンプルハイブリッド車 4WDには15インチアルミホイール、そしてe-POWER車2WDには、e-POWER専用15インチアルミホイールを装備しました。また内装は、抗菌加工を施した「XV エアロ」限定のシートを採用すると共に、内装色は、ブラックで統一しました。

なお、株式会社オーテックジャパンは、今回の特別仕様車をベースとした車中泊仕様の「マルチベッド」を設定し、同日より全国の日産販売会社にて発売します。

※記事の無断転用を禁じます。