電気自動車への移行を後押しするSiC技術

Wolfspeed(旧Cree)は2021年10月、同社の社名変更と同時に、大規模なデザインウィンを獲得したことを発表しました。同社は、電気自動車(EV)向けSiC(炭化ケイ素)半導体の開発および生産に関して、GM(General Motors)とサプライチェーン契約を結び、2021年8月には、STMicroelectronics(ST)との複数年契約を拡大し、150mmのベアおよびエピタキシャルSiCウエハーの供給に関する8億米ドルの契約を結んでいます。

どちらの契約も、将来的に自動車業界が完全な電気自動車に移行すれば、SiC技術が重要な役割を果たすことをはっきりと示しています。フランスの市場調査会社Yole Développementでパワー&ワイヤレス部門のディレクターを務めるClaire Trodec氏によると、SiCベースのパワー半導体は、EVユニットあたりのバッテリーコストを最大750米ドル削減できるといいます。

Creeは過去にLED事業を売却していますが、Wolfspeed部門の名称を採用した現在は、SiCパワー半導体に賭けています。同社のCEO(最高経営責任者)を務めるGregg Lowe氏は、「これが当社の形だ」と述べ、「次世代のパワー半導体をけん引するのはSiC技術だ」と断言しました。

米国ノースカロライナ州ダーラムに拠点を置くWolfspeedは、2022年初頭からニューヨーク州マーシーの200mmウエハー工場でSiCパワー半導体を生産する計画とのことです。このMohawk Valley工場は、同社が10億米ドルを投じた世界最大のSiC生産ラインです。現在、世界的な半導体不足が大きく報じられていますが、Wolfspeedは数年前からSiCの生産能力を拡張しています。

STも、ICサプライチェーンの混乱を予想しており、今回の半導体不足が起こる前に、需給ギャップを埋めるためSiCウエハーの長期契約を結んでいます。STは、WolfspeedとのSiCウエハー供給契約のほかに、ローム傘下のウエハーメーカーであるドイツSiCrystalとも同様の契約を結んでいます。さらに2019年には、スウェーデンのSiCウエハーメーカーであるNorstelを買収し、200mmウエハーの研究開発を開始しています。

一方、他のSiC企業も、EV設計におけるSiCデバイスの将来的な需要を見越して、ウエハー供給契約を進めています。例えばドイツInfineon Technologies(以下、Infineon)は、2017年にCreeのWolfspeed事業の買収に失敗した後、CreeとSiCウエハーの供給に関する複数年契約を結びました。同社は、日本のウエハーメーカーである昭和電工とも、SiC材料とエピタキシー技術に関する契約を結んでいます。

Infineonは当時、「SiCパワー半導体市場は今後5年間で毎年40%成長する」と予測していましたが、実際に、SiCパワー半導体は400~800V、さらにそれ以上のシステムに広く採用され、SiCを手掛ける主要企業の成長を後押ししました。

※記事の無断転用を禁じます。