ホンダがインドで電動三輪タクシー向けバッテリーシェアリングサービス

ホンダは2021年10月29日、2022年前半からインドで電動三輪タクシー(リキシャ)向けにバッテリーシェアリングサービスを開始すると発表しました。

シェアリングするのは、「Benly e:(ベンリー イー)」などの電動バイクで使用する着脱式の可搬バッテリー「Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパック イー)」です。ホンダは現地で新会社を設立し、バッテリーの利用料金やバッテリーの状態を管理するクラウドサービスなどを収益とする事業を開始します。

インドでは800万台のリキシャがタクシーとして走っており、年間60万~70万台の新車市場があります。足元では電動リキシャの普及は2万台程度だが、大気汚染対策や排出削減のため、CNG(圧縮天然ガス)車から電動車への置き換えが進むと見込まれます。

電動リキシャは現地メーカーと協力して生産しモバイルパワーパックや、その充電とユーザーへの貸し出しを管理するバッテリー交換ステーション「Mobile Power Pack Exchanger e:(モバイルパワーパックエクスチェンジャー イー)」もインド生産となります。モバイルパワーパックエクスチェンジャーの設置に当たっては、現地のガソリンスタンド運営企業とも連携します。

※記事の無断転用を禁じます。