日本テキサス・インスツルメンツ、3Dホール効果位置センサーを発表しました

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は2021年10月、高い精度と低消費電力を実現した3Dホール効果位置センサー「TMAG5170」を発表しました。

TMAG5170は、室温でのフルスケール総合誤差が2.6%です。ドリフトは総合誤差の3%で、競合製品に比べ30%も小さい値で交差軸磁界が存在する状況だと、35%以上も小さい誤差となります。精度が高いため、出荷前のキャリブレーションやオフチップでの誤差補償は不要で、システム設計などを簡素化できます。

TMAG5170は、角度計算エンジンや測定の平均化、ゲイン補償とオフセット補償など、各種機能を統合しており、オフチップでの計算を不要にしました。システムMCUの負荷も、最大で25%削減することができるとのことです。 また、制御ループの高速化、システムレイテンシの短縮、ソフトウェア開発の簡素化などを可能にしました。さらに、通信や導通、内部信号パスに関するチェック機能など、独自のスマート診断機能の他、外部電源や磁界、システム温度に関する、構成可能な診断機能を搭載しました。

複数の動作モードを備えることで、電力効率を高め、負荷に応じてサンプリングレートも1~20kサンプル/秒の範囲で最適化することができ、 競合製品に比べ消費電力を70%以上も削減できる模様です。

※記事の無断転用を禁じます。