ホンダ 新型EVとコンセプトモデルを「中国電動化戦略発表会」にて披露

ホンダは2021年10月13日、オンラインで開催しました「中国電動化戦略発表会」にて、中国で2022年春に発売するEV(電気自動車)2車種と、5年以内に発売を目指すコンセプトモデル3車種を披露しました。今後5年間で10車種を発売する計画で、中国から他地域への輸出も視野に入れており、2030年以降は、中国で発売する四輪の新型車は全てハイブリッド車(HEV)やEVなどの電動車とします。

EVの本格展開に向けて、生産体制も整え、広汽ホンダと東風ホンダがそれぞれEVの生産拠点を新設し、2024年の稼働を目指します。販売面では既存の販売店にEVコーナーを設ける他、主要都市でEV専売店も展開します。

また、ホンダは2021年4月、四輪車に占めるEVと燃料電池車(FCV)のグローバル販売比率を2040年に100%とする目標を発表しました。このうち、先進国と中国では2030年までにEVとFCVの比率を40%に、2035年には80%へと引き上げることを踏まえ2030年以降は中国でガソリンエンジン車の新モデルは発売しないことを決めました。

※記事の無断転用を禁じます。