メルセデスベンツがAMGブランド初の電気自動車を発表

メルセデス・ベンツを擁するダイムラーが、ミュンヘンで開催された『IAA MOBILITY 2021』において上級グレードである『AMGブランド』として初のEVを発表した。

この『IAA MOBILITY 2021』は2021年9月6日から12日の期間で行われており、今回発表されたEVは4月に発表された『EQS』をベースとした『Mercedes-AMG EQS 53 4MATIC+』。

ダイムラーは2019年に、2039年までに販売する車のカーボンニュートラルを達成するという目標を掲げており、今後『AMG.EA』プラットフォームを使った完全電動化のAMGモデルが続いていくとしている。

※記事の無断転用を禁じます。