テスラのモデルS最強グレード「プラッド」が世界最速の量産EVの称号を獲得

テスラは、4ドアサルーン「モデルS」に設定される高性能グレード「Plaid」(プラッド)がニュルブルクリンク北コースにて、7分30秒909のタイムを計測したと発表。

2019年8月にポルシェ「タイカン ターボ」が出した7分42秒の最高記録が12秒更新されることとなり、これによりニュルにおける世界最速記録を更新した「Plaid」(プラッド)は世界最速の量産EVの称号を獲得した。

今回世界記録を更新した「Plaid」(プラッド)は改造されておらず、今後次のステップとしてエアロパーツ、カーボンブレーキ、トラックタイヤを追加するとしている。

※記事の無断転用を禁じます。