KIA「EV6」にクムホの共鳴音低減タイヤを新車装着

2021.9.6 更新

9月2日にクムホタイヤは、共鳴音低減「Kサイレント」を搭載したタイヤをKIAの電気自動車「The Kia EV6(以下EV6)」に新車装着用タイヤとして供給すると発表。

EV6は現代自動車グループのEVプラットフォーム「E―GMP」を採用したKIA初の電気自動車専用モデルであり、18分で最大80%の急速充電が可能。その為一度の充電で最大475kmの距離を走行することができる。

今回供給される製品は「クルーゼンHP71」と「エクスタPS71」の2製品であり、電気自動車用タイヤにとって必要とされる低転がり抵抗性能・耐摩耗性能・トラクション性能などが備わっている。その中でもノイズを低減させる共鳴音低減技術「Kサイレント」の採用により、重要な性能の一つとされる低騒音化を高いレベルで実現することができるという。


※記事の無断転用を禁じます。