計測誤差があるセンサーを使っても安全に動くように制御ソフトウェアを自動で変換する手法を開発

2021.6.1 更新

情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)のアーキテクチャ科学研究系 特任研究員 小林 努、同研究系 准教授 蓮尾 一郎らの研究チームは、科学技術振興機構(JST、理事長:濵口 道成、東京都千代田区)の戦略的創造研究推進事業 ERATO 蓮尾メタ数理システムデザインプロジェクト(ERATO MMSD、研究総括:NII アーキテクチャ科学研究系 准教授 蓮尾 一郎)のもと、制御システムのセンサーに計測誤差があっても、安全に動くように制御ソフトウェアのモデルを自動で変換する手法を開発しました。この手法を使うと、ソフトウェアのモデルを自動変換するとともに、出力された制御ソフトウェアが耐えられる誤差の限界を示す数式を得ることができます。本手法は、自動運転をはじめとした外部環境とやり取りするさまざまな制御システムに対して活用でき、多様な利用環境や計測手段に対応するシステムへの応用が期待されます。


※記事の無断転用を禁じます。