フォード、電動ピックアップトラック「F-150」のEV版を発表

2021.5.25 更新

米フォード(Ford)は、電動ピックアップトラック「F-150ライトニング(F-150 Lightning)」を発表。

アメリカで最も売れているトラック、F-150の電気自動車(EV)版は、ガソリンエンジンモデルに比べて性能や機能が向上しているが、価格は同等。発売は2022年半ばを予定しており、希望小売価格は約435万円から。

現行モデルよりもパワフルなF-150ライトニングは、オプションの大型バッテリーを搭載した状態で、563馬力と775lb-ft(約1050Nm)のトルクを発生。さらに、最大4.5トンを牽引でき、時速60マイル(約96km/h)までの加速は4秒台で、すべてのモデルがデュアルモーターを搭載した4輪駆動。

またFシリーズとして初めてスマートフォンをリモコンキー代わりにしてのドアロックや始動が可能。システムのアップデートもOTAにて2分ほどで完了するとのこと。

停電時にEVのバッテリーから家庭に給電する機能もあり、エクステンデッドレンジモデルなら一般家庭の3日分の電力をまかなえるとのこと。フォードは将来的にこの機能を拡張して、電気代が高くなるピーク時のみ自動的にEVから家庭への給電に切り替えるモードも提供すると述べた。


※記事の無断転用を禁じます。