スバル、トヨタと共同開発の新型EV「ソルテラ」2022年発売発表

2021.5.17 更新

スバルは、2022年の発売に向けて開発を進める新型EVの名称を「ソルテラ(SOLTERRA)」に決定したと発表。ソルテラは、スバルがトヨタ自動車と共同開発を進めるSUVモデルのEVで、日本、米国・カナダ、欧州、中国等で、2022年央までに発売予定としている。

ソルテラは、トヨタと共同開発したEV専用プラットフォーム「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM(イースバルグローバルプラットフォーム)」を採用した初めてのスバル車。

スバルでは、同社のSUVラインアップ「アセント」「アウトバック」「フォレスター」「SUBARU XV」に加わる新たな選択肢として、2022年年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国等で発売予定としている。

スバルは「優れた操縦安定性や高い走破性を誇るAWD性能を備え、行く先を選ばない『安心と愉しさ』を提供するSUBARUらしいSUVという特長を持つこのクルマで、お客様と共に自然をもっと愉しみ、自然との共生をより一層深めていきたい。そのような想いから、この名を付けました」と説明した。


※記事の無断転用を禁じます。