三菱自動車、新型コロナワクチンの巡回接種用車両として『アウトランダーPHEV』を港区へ貸与

2021.5.6 更新

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、新型コロナワクチン巡回接種用車両として東京都港区(区長:武井 雅昭氏)へ当社のプラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』を無償貸与します。本貸与にあたり、4月28日に港区役所にて感謝状の贈呈式が行われ、武井区長及び当社社長の加藤が出席しました。

式典にて、当社社長の加藤は「港区と当社は昨年、東京都内で初めて災害時協力協定を締結いたしました。この協定がきっかけで、ワクチン巡回接種時にプラグインハイブリッドEVをご活用いただくというお話につながりました。今回、『アウトランダーPHEV』の機能を生かしてお役に立てることを大変嬉しく思います」と述べました。

『アウトランダーPHEV』は、給電機能を用いてラゲッジルーム内の冷凍庫へ給電し、移動中にワクチン輸送用保冷剤を冷却するほか、ワクチン接種に伴う訪問医療チームの巡回などの活用が想定されています。また、自然災害等による不測の停電に備え、自家発電設備のないワクチン接種会場のバックアップ電源としての役割も期待されています。

本取り組みは、当社が2019年8月から推進している「DENDOコミュニティサポートプログラム」の一環として港区に賛同いただき実現したものです。当社は今後も「DENDOコミュニティサポートプログラム」の推進を通じ、「モビリティの可能性を追求し、活力ある社会をつくる」というビジョンの実現を目指します。


〇三菱自動車工業株式会社〇


※記事の無断転用を禁じます。