トヨタ、電動車のフルラインアップ化の一環として新EVシリーズ「TOYOTA bZ」を発表

2021.4.19 更新

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は4月19日、電動車のフルラインアップ化の一環として新EVシリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」を発表し、中国・上海モーターショーにて、シリーズ第一弾となる「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」のコンセプト車両を初披露しました。

トヨタはこれまでもCO2排出量削減に取り組んできました。1993年には21世紀に地球に必要とされるクルマの姿を提案する「G21プロジェクト」を企画、その成果として1997年に、世界初の量産型ハイブリッドカー プリウスを導入しました。以降、「環境車は普及し、CO2削減に貢献してこそ初めて環境車としての意義がある」すなわちサステナブル(持続可能)な移動手段をプラクティカル(実用的)な形で提供するとの考えのもと、HV/PHV/EV/FCVという電動車のフルラインアップ化を推し進め、様々な選択肢を用意しています。各国・各地域で、お客様が要望される使用環境や航続距離、充電インフラの整備状況などが異なります。それぞれの事情に合わせ、お客様に「使いやすい、乗りたい」と感じて受け入れていただけるパワートレーンをご提供し、その結果、CO2排出量が削減されるということが重要です。

トヨタは、電動車のフルラインアップ化の一環として2025年までにEV15車種を導入する計画を推進中で、そのうち新シリーズTOYOTA bZについては7車種を導入する計画です。

なおTOYOTA bZシリーズについては、お客様のニーズに応じた様々な大きさ・スタイルのEVを導入することはトヨタだけでは困難であることから、それぞれ得意分野を持つパートナーの皆様と共同で開発を進めています。再生可能エネルギーを促進するエネルギー政策と連携することで、販売する各地域でお客様の選択の幅を広げ、一層のCO2排出量削減につなげたいと考えています。

今後もお客様のニーズにお応えできるよう、2025年までに70車種程度にラインアップを拡充していきます。


〇トヨタ自動車株式会社〇


※記事の無断転用を禁じます。