ホンダ、英国でEV向けエネルギーマネジメントサービス「e:PROGRESS」開始

2021.4.15 更新

ホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、EV向けエネルギーマネジメントサービス「e:PROGRESS」の提供を英国で開始したと発表。

e:PROGRESSは、電力需要が少なく電力コストの低い時間帯にEVを充電することで、電力需要を平準化し再生可能エネルギー由来の電力使用拡大に貢献するEV向けエネルギーマネジメントサービス。欧州初の自動車メーカーによるエネルギーマネジメントサービスであり、Honda eのオーナー向けに提供されるという。

e:PROGRESSのサービスは、スマート充電、リソースアグリゲーションを専門とするMoixa(モイクサ)社、英国初の変動型電気料金を提供する電力会社のOctopus Energy(オクトパスエナジー)社が共同で提供し、充電器設置をBritish Gas社が実施。なお、Hondaはe:PROGRESSの開始に先駆け、電気自動車(EV)Honda eを昨年より販売している。


※記事の無断転用を禁じます。