日産自動車、電動パワートレイン「e-POWER」の国内販売累計が50万台を突破

2021.4.6 更新

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、6日、日産独自の電動パワートレイン「e-POWER」の国内販売累計が、本年3月末で50万台を突破したと発表しました。

ガソリンエンジンで発電してモーターで走行する「e-POWER」は、「電気自動車のまったく新しいかたち」をキャッチフレーズに、2016年11月にコンパクトカーの「ノート」へ初搭載しました。

以降、100%モーター駆動ならではの力強くレスポンスの良い加速や、優れた静粛性、アクセルペダルのみで加減速の調整を行うことができるワンペダル感覚などが、多くのお客さまに高く評価いただき、2018年上半期、2018年暦年、2018年度で登録車No.1に輝きました。その後、2018年3月にはミニバン「セレナ」に、2020年6月には新型SUV「キックス」に、そして、同年12月には大幅に進化した第2世代「e-POWER」を新型「ノート」に搭載しました。いずれのモデルも好評を博し、3月末時点での国内の販売累計が503,787台と50万台を突破しました。

日産は、2050年までに事業活動を含むクルマのライフサイクル全体におけるカーボンニュートラルの実現に向け、2030年代早期より、日本を含む主要市場に投入する新型車全てを電動車両とすることを目指しています。

日産は、「e-POWER」を、EVと並ぶ同社の電動化技術の要と位置付け、今後もお客さまの幅広いニーズにお応えできるようラインナップを拡大していきます。


〇日産自動車株式会社〇


※記事の無断転用を禁じます。