いすゞ、日野、トヨタ、商用事業でCASE対応加速

2021.3.25 更新

いすゞ自動車株式会社(以下、いすゞ、本社 : 東京都品川区、代表取締役社長 : 片山 正則)と日野自動車株式会社(以下、日野、本社 : 東京都日野市、代表取締役社長 : 下 義生)およびトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ、本社 : 愛知県豊田市、代表取締役社長 : 豊田 章男)は、本日、商用事業において新たな協業に取り組むことに合意しました。

いすゞと日野が培ってきた商用事業基盤に、トヨタのCASE技術を組み合わせることで、CASEの社会実装・普及に向けたスピードを加速し、輸送業が抱える課題の解決やカーボンニュートラル社会の実現に貢献することを目指します。

具体的には、3社は、小型トラック領域を中心に、EV・FCV、自動運転技術、電子プラットフォームの開発に共同で取り組みます。EV・FCVについては、3社が共同で取り組むことで車両コストの低減をはかるとともに、福島県における水素社会実証へのFCトラックの導入をはじめ、インフラと連携した社会実装を進め、普及に向けた取り組みを加速させていきます。

また、3社のコネクティッド基盤をつなぎ、お客様の課題解決につながる商用版コネクティッド基盤を構築するとともに、様々な物流ソリューションの提供にも取り組んでいきます。商用車の輸送効率を向上させることで、CO2排出量の低減にも貢献していきます。

協業を推進するため、新会社「Commercial Japan Partnership Technologies(コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ)」を設立します。新会社は、3社での議論を踏まえ、商用車におけるCASE技術・サービスの企画を行います。

今後、いすゞ・日野・トヨタは、協業内容を深めるとともに、志を同じくするその他のパートナーとの連携についても、オープンに検討していきます。


〇トヨタ自動車株式会社〇


※記事の無断転用を禁じます。