テレダイン・レクロイ、PCI ExpressR の物理層とプロトコル層を横断して統括的に解析する画期的機能を発表

2021.3.23 更新

オシロスコープとプロトコル・アナライザをリンクしてシステムの信頼性向上を支援するCrossSync? PHYインタポーザ、プローブおよびソフトウェア・オプション

テレダイン・レクロイ(所在地: 東京都府中市、代表取締役: 原 直(はら ただし))は、業界で初めてオシロスコープとプロトコル・アナライザのリンクを可能にし、PCI Express(PCIe)インターフェイス規格の機器のテストを行う際に全体像が把握できるようにするCrossSync?PHYインタポーザとソフトウェア・オプションを発表しました。

PCIeをテストおよびデバッグする場合、プロトコル・アナライザを使用して、比較的長期間にわたってコンポーネント間のプロトコルメッセージを捕捉、表示します。また、オシロスコープを使用して、物理層でのPCIeの電気的性能を高解像度で測定する必要があります。ただし、オシロスコープのメモリの制限があるため、プロトコルメッセージを充分な長さでキャプチャすることはできません。このため、PCI Expressを使用してアプリケーションをテストする場合、2つの機器をまったく異なる設定にして使用する必要があります。新しく発表されたCrossSync?PHYインタポーザ・プローブとソフトウェア・オプションを使用してオシロスコープとプロトコル・アナライザをリンクすることにより、単一の設定、操作でPCIeのシステム・テストが行えるようになりました。 これにより、テストの信頼性と精度が大幅に向上します。

テレダイン・レクロイのVP兼GMであるKevin Prussoは、「PCI Expressは、データストレージ、グラフィックカード、ネットワークインターフェイス、AIアクセラレータなどのアプリケーションで使用される汎用相互接続テクノロジーに急速になりつつあります。PCIeをこうした目的で導入しようとするエンジニアは、この複雑なテクノロジーの統合に関連する問題と、物理層とプロトコル層を1つのビューで表示および相互に関連付けることができないことへの不満について何度も話してくれました。 私たちの新しいCrossSyncPHYテクノロジーはまさにそれを実現し、信頼性とパフォーマンスを向上させると同時に、市場投入までの時間を短縮します。」と述べています。

Intelの製品検証アーキテクトであるSrajit Singhは、「プロトコルと電気的イベントの間のイベント相関は、デバッグ・セッションの問題点でした。このソリューションは、まさに私たちが必要としているものです。 電気的ドメインと機能的ドメインの境界にある複雑なPCIeの問題に対処することになると、デバッグ作業が迅速化されると確信しています。」と述べています。

【CrossSync PHY】

CrossSync PHY対応のインタポーザは、動作中のPCI Expressリンクをプローブして、オシロスコープとプロトコル・アナライザの両方のトレースを同時に捕捉し、プロトコル情報で特定したイベントの電気的動作に関する洞察を設計および検証エンジニアに提供します。テレダイン・レクロイのオシロスコープ、LabMaster?およびWaveMasterRのCrossSyncPHYソフトウェア・オプションを使用すると、オシロスコープのMAUIRユーザー・インタフェイスを業界標準のテレダイン・レクロイのCATCRプロトコル・トレースと連動して表示することができます。インタポーザとソフトウェア・オプションの組み合わせにより、テレダイン・レクロイ独自の手法により、オシロスコープとプロトコル・アナライザのトレースを時間相関を保って連動させ、表示、検索、解析することができます。

CrossSyncPHYに対応した最初の製品として、新たに3種類のPCIe4.0 M.2インタポーザが、テレダイン・レクロイのPCI Expressテスト・ソリューション製品ラインに追加されました。この3つの新しいモデル(PE210UIA-1PHY、-2PHY、および-4PHY)は、PCI Expressインタフェイスの1レーン、2レーン、または4レーンに対応するオシロスコープ・プロービングを組み込み、サイドバンド信号、基準クロック、および電源レールにオシロスコープのプロービングが可能になります。新しいCrossSyncPHYソフトウェア・オプションは、テレダイン・レクロイのオシロスコープLabMasterおよびWaveMasterで使用できます。

【オーダー・インフォメーション】

(図の説明文)

【Teledyne LeCroy Inc.について】

Teledyne LeCroy Inc. は最先端の高度な測定・解析が行える計測機器を製造、販売しています。Teledyne LeCroy Inc.が提供する高性能のデジタル・オシロスコープおよびシリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは多くの分野の電子設計技術者に幅広く利用されています。Teledyne LeCroy Inc.はニューヨーク州チェストナットリッジに本社を置いています。なお、製品の仕様や発表内容は、予告なく変更されることがあります。

【この発表に関する問い合わせ先】

テレダイン・レクロイ マーケティング・センター

テレダイン・ジャパン株式会社

〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5

Tel: 042-402-9400(代表) Fax: 042-402-9586


〇テレダイン・ジャパン株式会社〇


※記事の無断転用を禁じます。


▽テレダイン・ジャパン株式会社のカタログはこちら

モータードライブアナライザ

パワーエレクトロニクス計測