ミツビシ・モーターズ・タイランド、累計生産台数600万台を達成

2021.3.19 更新

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)の、タイ王国における生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)は、累計生産台数600万台を達成しました。

MMThからの車両の輸出先は世界120カ国以上に及んでおり、600万台のうち440万台がタイ国外に輸出されています。今回600万台目に生産された車両は1トンピックアップトラックの『トライトン』でした。

当社CEOの加藤は、「当社にとって重要地域であるタイは、政府による後押しもあり、アセアンにおける当社最大の輸出拠点となりました。好評いただいているトライトンをはじめ、ミラージュなどを生産、さらに世界的に関心の高い環境対応車であるプラグインハイブリッドEVの生産も昨年末に開始しました。今後も魅力ある商品を投入してく所存です。」と述べました。

三菱自動車は1961年にタイで操業を開始し、本年60周年を迎えます。2003年に100万台、2010年に200万台、2013年に300万台、 2015年に400万台、2018年に500万台の生産を達成しました。

MMThは三菱自動車の重点地域であるアセアンにおける生産・輸出拠点として、引続き当社の成長を牽引していきます。

三菱自動車工業株式会社


※記事の無断転用を禁じます。