ダイハツ、新たにカーシェアリング「TOYOTA SHARE」を導入し、販売会社4社でサービスを開始

2021.1.21 更新

ダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)は、トヨタ自動車株式会社が全国展開しているトヨタ販売店/ トヨタレンタリース店によるカーシェアリングサービス「TOYOTA SHARE(トヨタシェア)」を 正式導入し、「TOYOTA SHARE ダイハツステーション」として、ダイハツ販売会社4社にて 1月21日から順次サービスの提供を開始する。

現在ダイハツは、グループスローガン “ Light you up”を指針に、全国の販売会社とともに、地域 のお客様に最も近い親近感のあるブランドを目指して、新たなモビリティサービスの提供に向けた取り 組みを進めている。その中で、産官学民が連携して取り組んでいる「地域密着プロジェクト」を通じて得た地域 とのつながりをベースに、ダイハツらしい地域と密着したカーシェアリングサービスのビジネスモデル の検証を2018年より販売会社と実施してきた。

今回サービス提供を開始するのは、ダイハツ広島販売株式会社、大分ダイハツ販売株式会社、ダイハツ 東京販売株式会社、ダイハツ沼津販売株式会社の4社。トヨタグループでシステムを統一し、販売会社な らではの車両品質や幅広いラインナップを揃えることで、サービス性の向上と気軽にご利用いただける 価格を実現する。また、すでに全国でサービス提供されている「TOYOTA SHARE」にダイハツ が参画することで、トヨタグループで地域に根ざした、モビリティサービスの提供に取り組む。

今後、「TOYOTA SHARE ダイハツステーション」のエリアを順次拡大していくことにより、 過疎地における移動サービスや、観光地でのモビリティサービスなど、地域密着型のダイハツらしい MaaSの実現を目指し、多くのお客様のカーライフをより快適なものとしていく。

▽詳細はこちら
ダイハツ工業株式会社


※記事の無断転用を禁じます。

PageTop