消費電流25μAの車用タッチセンサーモジュール「CFU1030」を発表

2021.1.14 更新

2020年12月ホシデンは、低消費電力の静電容量式車用ドアハンドルタッチセンサーモジュール「CFU1030」を発表。ドアの開錠信号をドアハンドルに触れることで出力できる。2021年4月からサンプル提供を開始する予定であり、サンプル価格は2000円としている。

センサーは、自己静電容量式と相互静電容量式のハイブリッドタイプを採用しており、入力電圧は8〜16V、消費電流は最大25μA、入力チャンネル数は1チャンネル。温度は-40〜+85℃の範囲で使用できる。また、モジュール単体で防水構造を備えており、アンロックセンサー部の厚みは5.6mmと低背タイプ。 バッテリー負荷の軽減が求められる車(軽自動車や電気自動車など)のドア開錠システムに適している。


※記事の無断転用を禁じます。

PageTop