富士ソフト「AUTOSAR開発体験キット(メモリ保護編)」の販売を開始

2020.11.26 更新

富士ソフト株式会社は、車載ソフトウェア技術者の育成を支援するため「AUTOSAR開発体験キット(メモリ保護編)」の販売を11月26日より開始しました。

近年、自動車ECUは高度化、複雑化が進み、搭載される数も増加しています。そのためECUの統合化が進んでいますが、数が減らせる反面、安全性の問題も生じやすくなります。

そのような状況下において、今回発売する「AUTOSAR開発体験キット(メモリ保護編)」は、車載ソフトウェア開発の安全性に貢献し、メモリ保護の技術向上を支援することができます。


※記事の無断転用を禁じます。

PageTop