EV及び蓄電池の充放電制御を最適化する実証試験を開始

2020.11.19 更新

出光興産と日本ユニシスはEV及び蓄電池の充放電制御を最適化する実証試験を2021年3月より開始すると発表しました。

今後のEVの普及による運輸部門の低炭素化、電力の安定供給、再生可能エネルギーの導入拡大、またEV、蓄電池などを組み合わせ、生活の利便性や快適性の向上を目指すとしています。

【実証内容】

  • EV 及び蓄電池等の分散型電源の特性を踏まえた複合制御による電力のピークカット
  • EV 稼働状態予測(日本ユニシスが特許出願済)を活用した基本料金超過抑制、電力のピークシフト
  • 小売電気事業者の調達コスト削減に向けた日本卸電力取引所(JEPX)価格予測に基づく充放電制御
  • ワークプレイスチャージング、災害時 BCP 対応他

※記事の無断転用を禁じます。

PageTop