車載規格対応GNSSフロントエンドモジュール量産

2020.11.12 更新

新日本無線株式会社は11月、車載向けのGNSSフロントエンドモジュールの量産を開始しました。各種車載規格に対応した製品となります。

新製品は、SAWフィルタで妨害波を除去しつつ、GNSS信号の受信感度を向上させ、小型化、薄型化により実装面積の低減を実現しました。車載用電子部品信頼性規格「AEC-Q100グレード2」に準拠し、ドイツ自動車工業会のプロセス監査「VDA6.3」にも対応しています。

動作電圧は2.8V、消費電流は3.7mA、動作温度は-40~105℃となっています。

▽詳細はこちら
新日本無線株式会社


※記事の無断転用を禁じます。

PageTop