トヨタ自動車とKDDI、業務資本提携に合意

2020.11.2 更新

トヨタ自動車はとKDDIは10月30日新たな業務資本提携に合意したことを発表しました。KDDIはトヨタを引受先とし、総額約522億円の第三者割当による自己株式処分を実施、トヨタによるKDDIの持ち株比率は13.74%となります。

今後、通信プラットフォームの共同研究開発、次世代コネクティッドカー向けの運用管理システムの開発、サービスプラットフォームの開発、各地域コミュニティにおける社会課題解決の推進などに取り組んでいきます。


※記事の無断転用を禁じます。

PageTop