車載用ステレオカメラの概要

2020.10.19 更新

1.ステレオカメラの原理

自動車を運転するとき、眼は不可欠である。五感のうち眼以外の機能がなくても眼さえあれば運転できる。ビデオゲームでも画面の中のクルマを運転できる。逆に眼が見えなければ全く運転できない。

これは眼が周囲の様々な物体の位置や動きを瞬時に捉え、クルマがぶつからずに進める道筋を判断するための情報を提供できる唯一のセンサーだからである。

しかも人間は両眼を使って、物体までの距離も測ってしまう。両眼立体視と言われているもので、ぶつからないためには距離の情報も重要で両眼立体視はそのための手段の一つである。

多くの動物たちは2つの眼を持っているが、意外なことに両眼立体視を行なっている動物は少なく、哺乳類では猫科と霊長類だけである。そして、ライオンやトラなど猫科は弱肉強食の世界にあって、その頂点に君臨している(図1)。

続きはこちら


※記事の無断転用を禁じます。

PageTop