未来のクルマ Technology ONLINE

未来のクルマ Technology ONLINEの詳細ページです。本ページでは未来のクルマ Technology ONLINEの開催日程、入場料金、開催地、主催者などの開催概要の確認はもちろん、未来のクルマ Technology ONLINEへの出展申込みや来場申込みが可能です。

開催日時 2021年9月14日(火)~16日(木)
開催地 オンライン
開催会場
入場料金 無料
主催者 株式会社アペルザ、株式会社JTBコミュニケーションデザイン
開催頻度 年2回を予定
昨年来場者数
出展料金 ゴールド 400,000(消費税別)、シルバー 300,000(消費税別)、オンラインセミナー(2,000,000)(消費税別)(出展者のみ)

開催概要

クルマづくりに関する最新の技術が集う、 オンライン展示会。ものづくり製造業の代名詞といっても過言ではない“クルマ関連の技術”。本展では、 未来のクルマを実現する4つの技術カテゴリーの軸 を選定し、展示を構成します。

主要出展品目

  • 【中心軸:ものづくり技術】
    自動運転や軽量化に必要となる素材/原料、部品設計/製造加工などのものづくり技術
    主な出展対象:加工技術、表面処理、成形、樹脂、金属、セラミック、ガラス、CFRP、CNF、接着、接合、溶接、工作機械、産業用ロボット、電気・電子部品、光学部品、計測機器など
  • 【環境軸:エネルギー技術】
    EV/HEV技術、モータ・インバータ、二次電池などのクルマのためのエネルギー技術
    主な出展対象:省電力化、モータ/インホイルモータ、二次電池、次世代電池、電池材料、キャパシタ、コンデンサ、蓄電池、熱対策、環境対策など
  • 【技術軸:センシング技術】
    センサーやLiDAR、カメラ/画像処理など、自動運転のためのセンシング技術
    主な出展対象:自動操縦、測位技術/マッピング、通信モジュール、センサー技術、LiDAR、赤外線カメラ、イメージング画像処理など
  • 【サービス軸:MaaSを実現する技術】
    クルマのあり方や移動の手段を変える先端テクノロジーやシステム/サービスなどの技術
    主な出展対象:MaaSプラットフォーマー/オペレーター、決済ソリューション、交通予測システム、認証システム/セキュリティー、データ銀行、気象予測機能、IoTソリューションなど

来場者の方へ

JTBコミュニケーションデザインとアペルザが共同開催する、クルマづくりやクルマ関連の技術を中心としたオンライン展示会です。

素材/材料から、部品設計・加工、通信・センシング技術、制御・エネルギー技術、MaaSなどのサービス分野まで、クルマづくりに関する様々な技術が集結します。

本展のプラットフォームには、アペルザが提供する「アペルザクラウド」を利用し、出展者向けのサービスを大幅に拡充します。

EV-tech.jp 掲載企業 出展一覧

<準備中>