製品カタログイメージ

ディスプレイカバーの樹脂成形(成形)

株式会社浅野研究所
<製品の概要表>
項目 詳細
EV(電気自動車)で主に使用する箇所 CID(センターインフォメーションディスプレイ)やメーター、コンソール等のガラスから樹脂への代替用途
主な導入事例 CID、メーター、コンソール等の自動車内装樹脂部品用の熱成形機
納期 お問い合わせください。
価格 お問い合わせください。
  • 納期・価格は随時変動していますので、詳細は『お問い合わせボタン』よりお問い合わせ下さい。
特長

浅野研究所では近年、大型化、3D形状化する自動車ディスプレイ向けとして3つの工法を提案。例えば、3mmの印刷された樹脂板を加工する成形方式があり、IR加熱式のFKSが対応機種となります。

より複雑な形状へも対応可能なインサート成形向けとして、0.3mmのフィルムの予備賦形としてFKS・TFH。熱板式被覆成形機のTFHでは0.1mmの接着層付き印刷フィルムを透明樹脂へ貼り付けることができます。各機種がR&Dセンターへ常設されていますのでお試しください。

  • 詳細は、PDFダウンロード、もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

  • お問い合わせで
    『ノイズ対策本』プレゼント!

企業情報

社名 株式会社浅野研究所
所在地 〒470-0151
愛知県愛知郡東郷町諸輸北山158
電話番号 0561-38-6811
企業より 浅野研究所は国内随一の真空成形機メーカーです。専門技術を多数保有しており、様々な分野への用途展開を行っています。お困りの課題の相談を承りますのでお問合せ下さい。

EV-techの成形関連カタログ