製品カタログイメージ

リチウムイオンバッテリー診断機(検査・評価・試験)

有限会社浜松コンピューティング
<製品の概要表>
項目 詳細
EV(電気自動車)で主に使用する箇所 車両中古LIB単セルの劣化度評価(充電装置+放電装置+解析ソフト)
主な導入事例 再利用LEAF単セルのセルバランスとり
納期 1-2か月。仕様により変わりますのでお問い合わせください。
価格 273,000円(他の仕様の開発も可能)。お問い合わせください。
  • 納期・価格は随時変動していますので、詳細は『お問い合わせボタン』よりお問い合わせ下さい。
特長

[放バッテ]は、マイコン制御により、バッテリーを指定電圧まで大電流(高速)で放電する負荷抵抗器です。主な用途は、二次電池の性能(SOC,SOH)測定です。定抵抗型負荷装置でシンプルな構造で使用法が簡単、かつ測定精度は定電流負荷装置にひけを取りません。

満充電と完全放電の定義を明確にし、SDカードに保存された時系列電圧を積分し放出エネルギーを比較測定する考え方で、実験でSOC1%程度の精度まで出ています。大手自動車工場でのAGV電池のSOH測定、自動車用LIBの処分前放電、大学研究用の納入実績があります。基板、マイコンソフト、全てを自社開発しているため、研究機関からの条件指定、開発要望も受け入れます(4,000W、200V、100A以下)。

  • 詳細は、PDFダウンロード、もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

  • お問い合わせで
    『ノイズ対策本』プレゼント!

企業情報

社名 有限会社浜松コンピューティング
所在地 〒433-8108
静岡県浜松市北区根洗町854-2
電話番号 053-430-4544
企業より 弊社は、二次電池を放電し容量(能力・SOH)を測定する装置の開発と製造をしています。EVの中古LIBを他目的で再利用する事例が増えてきています。中古LIBは劣化度が不均一で直列に接続するときにセルバランスを取ることが重要です。この製品は、同一条件で充電できる充電器とマイコン制御の放電器で組み合わせて使用するシステムです。放電器にはロガー機能のSDカード、正確に放電を止めるマイコン、解析ソフトが付属します。単純な構造で大電流が流せるため、従来の定電流放電装置で測定する機器と比較し精度よく(当社実験では1%以内の誤差)SOHが測定できます。基板、ソフト等すべて自社開発のため各種仕様に対応しています。お気軽にご相談してください。

EV-techの検査・評価・試験関連カタログ